目の下のたるみ取り(ハムラ法)

岡山院院長の裏ハムラ法のイメージ

目の下のたるみは、加齢による脂肪位置の変化や、紫外線の影響で肌のハリが失われることによって表れる症状です。
ハムラ法は局所的に飛び出てしまった下まぶたの脂肪を移動することで、たるみを解消する施術です。
特に重度の目の下のたるみやくぼみが気になる方に適した施術で、たるみやくぼみを解消することによって目元のシワが気になりにくくなるという効果も期待できます。
また縫合の際に目の周囲の眼輪筋を引き上げるように調整することができますので、下まぶたの形をご希望の形に整えやすいという特徴があります。
e-クリニックでは、カウンセリングにてお客様の目の下の状態とたるみの原因をしっかりと確認させていただいたうえで、ハムラ法のご案内と目元のデザインを決定してまいります。
ご不安やご要望など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

Cause

目の下がたるむ原因

【リスク・副作用】むくみ・内出血・患部の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

靭帯の弛緩

私たちの眼球は、ロックウッド靭帯という靭帯によって支えられています。
人間の靭帯や表情筋などは、年齢を重ねるにつれて自然とその機能が衰え、緩んできてしまいますので、ロックウッド靭帯が少しずつ弛緩することによって眼球を支え切ることができなくなり、眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪が下まぶたに押し出されます。
この眼窩脂肪こそが、目の下のたるみの原因です。
また、眼窩脂肪が押し出されてたるみができる一方で、脂肪が減ってしまった部分にはくぼみが形成されてしまいます。

肌のハリの減少

私たちの皮膚は通常「真皮層」と呼ばれる層でコラーゲンやエラスチンといった美容成分を生成することでハリや弾力を保っていますが、加齢や紫外線ダメージの蓄積によってこの機能が失われると、徐々に脂肪を支え切れなくなり、たるみが生じます。
特に目元の皮膚は非常に薄く繊細ですので、紫外線によるダメージや乾燥による影響を非常に受けやすく、たるみやすいという特徴があります。
生まれつき目元の脂肪が多い方は特に顕著にたるみが生じる傾向にあります。

About

e-クリニックのハムラ法の仕組み

【リスク・副作用】むくみ・内出血・患部の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

e-クリニックのハムラ法は、目の下のたるみにお悩みの方の中でも、特にしっかりとたるみを改善したいという方や、重度のたるみを解消したいという方にオススメの施術です。
たるみの原因となっている眼窩脂肪と、たるんでしまった皮膚の両方にアプローチをしていきますので、根本から目元の印象を改善する効果に期待が持てます。

目元の施術は非常に高度なテクニックが必要で、特にハムラ法の場合は皮膚の切除量が少ないとたるみが取り切れず、反対に皮膚を切除しすぎてしまうと下まぶたが反対向きに露出し、「あっかんべー」をしているような状態になってしまいます。
e-クリニックでは経験が豊富で技術力が特に高い医師がハムラ法の施術を担当いたします。
ナチュラルでありながらも、健康的で若々しい下まぶたを形成していきます。

Downtime

裏ハムラのダウンタイムの経過の症例

【リスク・副作用】むくみ・内出血・患部の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

この症例はeクリニック岡山院で行った裏ハムラの手術直後と1週間後と1か月後の症例です。裏ハムラはクマ取り手術の中でも比較的腫れやすい処置にはなりますが、当院はなるべく腫れや内出血が出ないようにしているため、1週間後の腫れや内出血をこの程度に抑える事ができています。この時期はメイクで隠すことが可能なので、腫れや内出血はいずれ収まる症状なので、そこまで気にされなくても大丈夫だと思います。

手術後1か月後には綺麗に腫れや内出血など、ダウンタイムの症状がなくなっています。また術前に気にされていた、目の下のクマの原因になる目の下の溝を解消することができています。

裏ハムラ法は脂肪を除去するのではなく目の下の溝(靭帯)を剥がして脂肪を移動させるため、クマが再発しづらい美容整形です。目の下の膨らみと眼窩の凹みを同時に解消することが可能です。

色クマの場合は、目の下の薄い皮膚から眼輪筋が透けてる場合が多いので、裏ハムラと併用でナノファット注入(脂肪注入)をすることで更に緩和することが可能です。

Method

ハムラ法の手術方法

ハムラ法ではまず、下まぶたのラインに沿って、メスを入れます。
切開した部分から皮膚と眼輪筋を剥離し、その後眼輪筋からたるみの原因となっている眼窩脂肪を剥離します。
一度取り除いた眼窩脂肪を、くぼみが生じている部分に移動することで、下まぶたをフラットに整えていきます。
縫合前にたるんで余っている皮膚や、伸びてしまって不要な眼輪筋を切除していきます。
縫合の際は、下まぶたに残した眼輪筋を状態を調整しながら縫い縮めていきますので、お客様が理想とされる下まぶたの形に近づけやすいという特徴があります。

Difference

ハムラ法と裏ハムラ法との違いとは?

ハムラ法と裏ハムラ法との違いを説明する看護師

ハムラ法は下まぶたの皮膚の表面側から切開していくのに対して、裏ハムラ法は下まぶたの粘膜側から切開を行っていきます。
傷跡が残るのが下まぶたの粘膜側になりますので施術バレしにくいという最大のメリットがありますが、たるんだ下まぶたの皮膚を切除することができません。
そのため目元のシワも、裏ハムラ法よりもハムラ法のほうがしっかりと改善することができる傾向にあります。

ハムラ法と裏ハムラ法のどちらが適しているかは、お客様お一人おひとりによって異なります。
e-クリニックでは経験と知見が豊富な医師が、お客様の目元の状態を確認させていただいた上で最適な施術法をご案内させていただきます。

Point

ハムラ法で失敗しないためのポイント

ハムラ法を失敗しない為のポイントを説明する看護師

ハムラ法は目元の印象を大きく改善し、若々しく健康的な印象になれる施術です。
しかしながら皮膚の切除量を調整しきれなかったり、お客様ごとに異なる目の下のたるみの原因を分析しきれていないと、十分な効果を得られず、失敗という結果に終わってしまう可能性もございます。
ドライアイや常にあっかんべー状態が続くといった後遺症を発症する可能性もありますので、ハムラ法をご希望の際は信頼できる美容クリニックで施術を受けることを強くオススメいたします。

目の下のたるみや気になる症状にお悩みの方は、お気軽にe-クリニックのカウンセリングをご利用ください。
目元の施術やハムラ法に精通した医師が、お客様お一人おひとりの悩みやライフスタイルに合わせた施術をご提案させていただきます。

Price

料金表

目の下のたるみ取り
(非切開による脂肪除去)
キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)
目の下のたるみ取り
(脂肪除去+皮膚切除)
キャンペーン価格 ¥154,000(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
目の下のたるみ取り
(皮膚切除のみ)
キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)
目の下のたるみ取り
+目の下ゴルゴ脂肪注入オプション
キャンペーン価格 ¥209,000(税込)
モニター価格 ¥164,780(税込)
裏ハムラ法キャンペーン価格 ¥286,000(税込)
モニター価格 ¥219,780(税込)
裏ハムラ法 内固定オプションキャンペーン価格 ¥55,000(税込)
ハムラ法キャンペーン価格 ¥286,000(税込)
モニター価格 ¥219,780(税込)

Doctor このページの監修医について

龍山 侑季史院長

龍山 侑季史 Yukifumi Tatsuyama

e clinic 岡山院院長

経歴

略歴

  • 近畿大学医学部医学科卒業
  • 大阪医科薬科大学病院
  • 大手美容外科分院院院長
  • eクリニック岡山院院長

所属学会

  • 日本美容外科学会

無料カウンセリングのご予約はこちら

Instagram ブログ