目の下の脂肪注入

目の下の脂肪注入をした女性のイメージ

About

目の下の脂肪注入とは

目の下のたるみ取りと脂肪注入の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

目の下の脂肪注入は、目の下のクマやたるみ、くぼみを解消することができる美容整形です。
お腹周りや太ももなど、脂肪が余っている部位から脂肪細胞を採取し、その脂肪を特殊な医療機器で精製した後に、目の下に注入してボリュームアップする方法です。
加齢などによって目の下の脂肪が少なくなることで、クマやたるみ、目の周りの影の原因となります。
目の下の脂肪注入を行うことで、一気にハリのある若々しい目元を作ることができます。

eクリニックの目の下の脂肪注入には、一般的な脂肪細胞(脂肪成分を含む)を注入する方法とナノリッチ(脂肪細胞のみ)の2種類があります。
eクリニックは、国内屈指の技術力が自慢の美容外科ですので、目の下のクマやたるみが気になるという方は、ぜひお気軽にeクリニックまでご相談下さい。

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気の目の下の脂肪注入のご予約はコチラから⇒

一般的な目の下の脂肪注入

脂肪注入とナノリッチの違いの図解

一般的な脂肪注入は、脂肪が多い部位から採取した脂肪細胞を用いて、その脂肪細胞を目の下に注入する美容整形)です。
脂肪を採取する箇所は、太ももの内側や裏側、二の腕が一般的ですが、お客様のご希望に応じて、お腹や腰から採取することもあります。
採取した脂肪には血液やリンパ液など様々な不純物が含まれています。
そのため、遠心分離機あるいは重力で不純物を分離させ、脂肪細胞や脂肪成分のみを抽出したものを使用します。
凹みや窪みがある部分に精製した脂肪細胞を注入することで、ふっくらとハリのある、若々しい目元を実現することができます。

ナノリッチ

ナノリッチ

「ナノリッチ」は、特殊な技術を用いて脂肪細胞を細かく崩し、「脂肪成分」を取り除いたものを用いる美容整形です。
脂肪は、脂肪細胞のまわりに脂肪成分がくっついた構造となっており、この脂肪成分を取り除くことで、より純度の高い脂肪細胞のみに凝縮できます。
ナノリッチでは、純度の高い脂肪細胞のみを使用することができるので、より美しく洗練された仕上がりを実現することができます。
また、ナノリッチには幹細胞が豊富に含まれており、ナノレベルの脂肪細胞と幹細胞により色味や小じわの改善効果も期待できます。

question

目の下の脂肪注入はクマ取りに必須なの?

eクリニックの目の下の皮膚切除と裏ハムラとゴルゴラインと目の下のナノリッチの脂肪注入の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

クマ取りやたるみ取りの術式によっては、脂肪注入を必要としない(必須ではない)ものがあります。
しかし、脱脂(経結膜脱脂)を行った場合や、深いシワやくぼみなどを改善したい場合など、脂肪注入を行うことで、より洗練された目元を作ることができるケースもあります。
あくまでも、現在の目元の状態や理想的な仕上がりによって異なりますので、eクリニックでは、経験豊富な医師が、お客様お一人おひとりにベストな手術方法をご提案させて頂いております。

この症例は目の下の皮膚切除と裏ハムラとゴルゴラインと目の下のナノリッチの脂肪注入を併用した症例です。

ハムラ法によるクマ取りの場合

表ハムラと脂肪注入と埋没法を併用した症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

ハムラ法によるクマ取りやたるみ取りは、凹みと膨らみを同時に改善する美容整形であるため、基本的に脂肪注入を必要としません。
ハムラ法によって±0の状態にした土台の上に、さらに脂肪を余分に足すことになるためです。
結果、目の下のボリュームアップがアップしすぎてしまい、クマができる可能性があります。
加えて、笑ったときに脂肪注入した部分のみがプクッと膨れて目立つ要因にもなります。

この症例はハムラ法と脂肪注入を併用した症例です。

経結膜脱脂と脂肪注入の併用

eクリニックでは、脱脂手術をする場合に脂肪注入を付け加えることがあります。
脱脂手術を実施した場合、目の下のボリュームの総量が減少するため、もともと皮膚のたるみや窪みがある方は、脱脂手術を受けることによりたるみや窪みが強調されてしまうことがあります。
そのため、窪み部分に脂肪注入を行い、ボリュームアップさせることで凹みや窪みを目立たなくする手術を提案しております。

脂肪注入はゴルゴラインに効果的

目の下の脂肪注入の図解

ゴルゴラインが気になる方にも脂肪注入は効果的です。
頬のたるみ部分に脂肪注入することで溝が目立ちにくくなり、クマが解消されます。
加えて、頬のボリュームアップによるリフトアップ効果もあり、クマ解消とリフトアップ効果による若々しい顔立ちを手に入れられます。

ナノリッチの併用効果とは?

裏ハムラとナノリッチで脂肪注入をした1か月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

ナノリッチの場合は、ハムラ法との併用も非常におすすめです。
ナノリッチであれば、ボリュームアップだけではなく、色味や小じわの改善効果が期待できるため、より美しい仕上がりを実現することができます。
ナノリッチを併用することで、肌にハリを与える効果が追加され、より若々しいハリのある目元を作ることができます。

この症例は裏ハムラとナノリッチを併用した1か月後の症例です。

Point

eクリニックが目の下の脂肪注入で心がけていること

経結膜脱脂のデザインの図解

eクリニックでは、クマの改善だけでなく「理想の目元」を叶えられるような、オーダーメイドな美容整形を心がけています。そのためデザインにも力をいれています。
クマやたるみを改善しただけでは、皮膚のたるみや目元の窪みが強調されてしまうこともあります。
そのため、eクリニックでは、お客様お一人おひとりの目元の状態確認を丁寧に診察・カウンセリングし、理想の目元に近づけられる施術をご提案いたします。

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気の目の下の脂肪注入のご予約はコチラから⇒

point

手術直後の注意したい点

手術後のメイクについて

メイク道具を手に取ろうとしているところ

基本的に、手術後の翌日からメイクは可能です。
ただし、裏ハムラ法でクマ取りをするなど、脂肪注入に別の手術を併用した場合には、3日後〜1週間後からのメイクを推奨します。
裏ハムラ法の糸の止め方には「外固定法」と「内固定法」があり、それぞれの方法によってメイク開始時期は異なります。

外固定法は、内側から皮膚の外側に向かって糸で固定を行い、皮膚から糸が飛び出た状態となります。
したがって、手術後のメイクは抜糸を行う1週間後まではしてはいけません。

内固定は、皮膚組織の内側で糸の固定を行うため、メイクは翌日から可能です。
ただし、手術後はデリケートな状態であるため、手術から3日開けたほうが安心です。

手術後のコンタクトについて

コンタクトレンズを人差し指にもっているところ

目の下の脂肪注入を受けた場合は、1週間はコンタクトの装着は避けてください。
目の周辺に腫れや浮腫が生じた状態でコンタクトレンズを使用すると、眼球を傷つける恐れがあるため、しばらくの間は、メガネを使用しましょう。

手術後の洗顔について

洗顔をしようと泡立てているところ

手術後翌日から洗顔は可能です。
ただし、目の周りは避けて洗顔してください。
特に、ハムラ法と脂肪注入を併用した場合はダメージが大きいため、濡れてしまうと傷の回復がスムーズに行かない可能性があります。

risks downtime

目の下の脂肪注入のリスクやダウンタイム

目の下の脂肪注入は、リスクやダウンタイムが少ない美容整形です。

一般的な脂肪注入

一般的な脂肪注入では、注射を使う美容整形でみられる腫れや内出血がダウンタイム中に見られることがあります。
腫れや内出血は1〜2週間程度続き、次第に治っていくため過度な心配は必要ありません。

ナノリッチ

ナノリッチであれば、脂肪注入のリスクの一つである”しこり”が生じる心配はほとんどありません。
しこりの要因となるのは脂肪成分であるため、脂肪成分を取り除いているナノリッチは、しこりの心配が極めて少ないです。
内出血、腫れのリスクも一般的な脂肪注入より少ないため、より体への負担が少ない手術を行うことが可能です。

◆稀に生じるリスク

脂肪成分により繊維化・石灰化などが生じ、しこりが生じるリスクがあります。
特に、脂肪成分が含まれる一般的な脂肪注入にリスクがあります。
また、ごく稀に、蕁麻疹や冷や汗、胸痛、アナフィラキシーなどが発生することがあります。
異変を感じた場合、速やかに医師に相談してください。

脂肪採取部位(脂肪吸引部位)への影響

脂肪採取部位に関しては、目立たない部分からアプローチを行いますので、傷跡が目立つ心配はありません。
脂肪の採取量や部位にもよりますが、脂肪の採取後1週間程度は打ち身のような状態が続くことがあります。
徐々に時間をかけて症状は改善していきます。

目の下のたるみ取りとクマ取りのバナー

人気の目の下の脂肪注入のご予約はコチラから⇒

FAQ

目の下の脂肪注入Q&A

脂肪吸引箇所の傷跡は残りますか?

数mmの白い傷跡が残りますが目立ちにくいといえます。
また、施術後は1〜2か月間は傷跡に赤みが残り、その後徐々に軽減します。

脂肪注入部位の傷跡は目立ちますか?

脂肪注入部位は針穴の小さな傷跡が1〜2か月間残り、その後徐々に目立たなくなります。
ただ、ダウンタイム中も非常に小さな穴ですので、目立つことはほとんどありません。

脂肪吸引部位は痛みが激しいですか?

1週間程度痛みが続いたあと、動作時のつっぱり感などが生じる場合があります。
ただし、痛み止めを処方するため痛みを緩和させられます。
なお、痛みや違和感は日にちが経つにつれ落ち着きます。

エクステのまつ毛をつけたまま手術はできますか?

エクステに関してはなるべく外していただくことを推奨いたします。
特に、手術時に抜け落ちたり感染リスクが高まったりするリスクがある場合は、安全な手術のためにもエクステを除去したほうが良いです。

Price

料金表

目の下のたるみ取り
(非切開による脂肪除去)
キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)
目の下のたるみ取り
(脂肪除去+皮膚切除)
キャンペーン価格 ¥154,000(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
目の下のたるみ取り
(皮膚切除のみ)
キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)
目の下のたるみ取り
+目の下ゴルゴ脂肪注入オプション
キャンペーン価格 ¥209,000(税込)
モニター価格 ¥164,780(税込)
目の下の脱脂+皮下脂肪除去(涙袋消失予防)キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)
裏ハムラ法キャンペーン価格 ¥286,000(税込)
モニター価格 ¥219,780(税込)
裏ハムラ法 内固定オプションキャンペーン価格 ¥55,000(税込)
ハムラ法キャンペーン価格 ¥286,000(税込)
モニター価格 ¥219,780(税込)

Doctor このページの監修医について

龍山 侑季史院長

龍山 侑季史 Yukifumi Tatsuyama

e clinic 岡山院院長

経歴

略歴

  • 近畿大学医学部医学科卒業
  • 大阪医科薬科大学病院
  • 大手美容外科分院院院長
  • eクリニック岡山院院長

所属学会

  • 日本美容外科学会

無料カウンセリングのご予約はこちら