クマ取り治療

目の下にクマがない女性

About

クマ取り治療とは

「クマ取り」とは、下まぶたの裏を切開してクマを改善する手術で、特に黒クマや赤クマに効果があるとされる美容整形です。
治療方法には、皮膚を切開する方法と切らない方法があり、クマの症状や程度、理想的な仕上がりによって、治療内容を選ぶ必要があります。
お客様によってクマの状態や原因は異なりますので、正しくクマの状態を判断して、適切な治療を行うことが非常に重要です。
eクリニックでは、経験と実績が豊富な医師が、お客様ごとに最適な治療をご提案させていただきます。
クマを改善し、スッキリとした若々しい目元を作りたいという方は、まずはお気軽にeクリニックまでご相談下さい。

クマ取り治療のLINEバナー

人気のクマ取り治療のご予約はコチラから⇒

皮膚を切開しない方法(注入法・経結膜脱脂術・裏ハムラ法)

切らずにクマを除去する方法は、脂肪注入法と経結膜脱脂術(けいけつまくだっしじゅつ)、裏ハムラ法などがあります。※裏ハムラは切開が必要ですが「皮膚ではなく粘膜」を切開します。
切らないクマ取りは、跡が残りにくくダウンタイムが早いことが特徴です。

目の下のたるみ取りと脂肪注入の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

注入法は、目の下にご自身の脂肪やヒアルロン酸を注入し、くぼみを改善してクマを除去します。
目の下のくぼみが原因でクマができている方におすすめの方法です。
脂肪を注入する場合は、自身の二の腕や太ももにある余分な脂肪を目の下に注入します。
ヒアルロン酸注入は、肌のターンオーバーが促進され、青クマなどの血流が原因のクマにも効果的です。

経結膜脱脂術は、結膜側の粘膜を切開して眼窩脂肪を取り出していきます。
脂肪を除去してクマを目立たせなくする手術のため、年齢により目の下の膨らみが気になる方に適した方法です。
しかし、加齢によるたるみなどは改善できないため、脂肪のみを除去することで皮膚のたるみが目立ってしまうというリスクもあります。

クマ取りの術後と1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

裏ハムラ法は、皮膚表面ではなく目の内側の粘膜を切開し、眼窩脂肪を移動させる方法です。
眼窩脂肪を移動させて平らにすることで、膨らみによるクマが目立たなくなります。
脂肪を除去しないため、目の下の脂肪量が減らず自然な仕上がりになるというメリットがあります。
しかし、裏ハムラ法も皮膚のたるみまでを除去できませんので、皮膚のたるみが気になるという場合には、他の治療を検討(併用)する必要があります。

経結膜脱脂法の手術の流れ

経結膜脱脂の切開ライン

麻酔をした後、下瞼を裏返します。そしてまぶたの裏側の結膜側を少し切開します。

経結膜脱脂で眼窩脂肪を出しているところ

クマの原因となっている眼窩脂肪を出して切除する部分を確認します。

経結膜脱脂で眼窩脂肪を取りだしている図解

眼窩脂肪を引っ張り出しながらクマの原因となっている余分な眼窩脂肪を切除します。電気メスを使用して止血しながら細かく丁寧に切除します。痛みを感じる場合は麻酔を追加しますのでご安心ください。縫合は不要なので後日、抜糸はありません。

裏ハムラ法の手術の流れ

裏ハムラの切開ライン

麻酔をした後、下瞼を裏返します。そしてまぶたの裏側の結膜側を少し切開します。

裏ハムラで眼窩脂肪を出しているところ

クマの原因となっている眼窩脂肪を露出させます。

裏ハムラで眼窩脂肪を移動させている図解

過剰な脂肪を目の下の凹みの下に移動させて凹みを平たんにします。移動した脂肪は骨膜に縫合して固定します。場合により余分な脂肪を除去します。縫合は不要なので後日、抜糸はありません。

クマ取り治療のLINEバナー

人気のクマ取り治療のご予約はコチラから⇒

皮膚切開するクマ取り(表ハムラ法・皮膚切除・こめかみリフト)

eクリニックの目の下の皮膚切除と裏ハムラとゴルゴラインと目の下のナノリッチの脂肪注入の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

皮膚を切開してクマを除去する方法には、表ハムラ法と皮膚切除があります。皮膚切除は表ハムラ法と併用して行われることが多いです。
表ハムラ法は、基本的に眼窩脂肪を除去するのではなく移動させる方法です。
瞼頬溝(けんきょうこう)という頬にある溝に移動させ、皮膚を平らにすることで目の下のクマが目立たなくなります。
ハムラ法は表ハムラと裏ハムラがあり、この方法は皮膚(表側)を切開して脂肪の移動を行うことから「表」ハムラといわれています。

下まつ毛が生えている1~2mm下のラインに沿って切除をしていきますので、時間が経てば傷跡目立たなくなってきます。ただ、裏ハムラ法に比べて、皮膚側を切開する分、ダウンタイムに時間がかかることがデメリットです。
眼窩脂肪の量は遺伝的な要素が多く、脂肪量が多い人ほど目の下の膨らみが目立つ可能性があります。

皮膚切除はその名の通り、目の下のタルミの原因となっている余分な皮膚を除去する手術です。

こめかみリフトとフェイスリフトを前額リフトを同時に行った症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

こめかみ部分のたるんだ皮膚を切開・切除することで、目元のたるみや眉毛の垂れ下がりを解消できる治療です。たるみによるクマに有効です。

表ハムラ法の手術の流れ

表ハムラの切開ライン

下まつげの生え際から1~2mm下に沿って切開します。

表ハムラで眼窩脂肪を出している図解

クマの原因となっていて、手術で移動する眼窩脂肪を確認します。

表ハムラの眼窩脂肪の移動の図解

過剰な脂肪を目の下の凹みの下に移動させて凹みを平たんにします。移動した脂肪は骨膜に縫合して固定します。
場合により余分な脂肪を除去します。

表ハムラで余分な皮膚を切除している図解

必要に応じて余分な皮膚を切除(皮膚切除)します。

表ハムラの縫合したライン

傷跡が目立たないようにミリ単位で丁寧に縫合します。

クマ取り治療のLINEバナー

人気のクマ取り治療のご予約はコチラから⇒

Type

クマの種類と原因

クマの種類は、4つに分けられます。

  • 色素沈着による「茶クマ」
  • 血行不良による「青クマ」
  • 眼窩脂肪が多いことによる「赤クマ」
  • 加齢やたるみによる「黒クマ」

クマ取りの手術は、主に赤クマと黒クマに効果があります。
赤クマは、眼窩脂肪が多いため皮膚が圧迫されて赤くなることが特徴です。
目の下がポコっと飛び出し赤くなっている方は、赤クマであると考えられます。
このクマは、眼窩脂肪を取り出すことが効果的です。

黒クマの多くは、加齢に伴って皮膚のたるみが目立つことにより発生します。
加齢による皮膚のたるみがひどい場合、涙袋とたるみによって、下瞼が二重になってしまうというケースもあります。

茶クマや青クマは、マッサージなど皮膚表面からのアプローチで改善する可能性がありますが、赤クマや黒クマは外科的なアプローチが必要です。

青クマの原因と対策

青クマのイメージ

青クマの原因は、目の下の皮膚が薄く、血管が透けて見えることです。
目の下の皮膚を厚くしたり、血管を目立たなくするようなアプローチで青クマを改善することができます。

  • ヒアルロン酸注射
  • 脂肪注入
  • レーザー治療

茶クマの原因と対策

茶クマのイメージ

茶クマの原因は、主にメラニン色素の沈着です。
レーザー治療や光治療によって、メラニン色素を分解することで、茶クマを改善することができます。

  • レーザー治療
  • 光治療

赤クマの原因と対策

赤クマのイメージ

赤クマは、目の下に赤い膨らみがあるような状態のことをいいます。

目の下の眼窩脂肪が突出してくることで、眼輪筋が前方に押し出されるようになります。

すると、眼輪筋や周辺の血管が皮膚から透けて見えてしまうようになり、結果的に目の下に赤みが出現するようになります。

これが赤クマができる原因であり、赤クマを解消するためには、眼窩脂肪の突出を改善してあげる必要があります。

赤クマは脂肪の突出が根本的な原因であることが多く、セルフケアでは対策することが難しい症状のひとつです。

眼窩脂肪の突出を改善するためには、「脂肪の除去」や「脂肪の移動」ができるような美容が効果的です。

  • 経結膜脱脂
  • ハムラ法
  • 裏ハムラ法

黒クマの原因と対策

黒クマのイメージ

黒クマの原因は、目の下の脂肪の膨らみや皮膚のたるみです。
クマ取りでは、この余分な脂肪を切開または注射によって取り除くことで、黒クマを改善することができます。

  • 経結膜脱脂
  • ハムラ法
  • 裏ハムラ法
  • ヒアルロン酸注射
  • 脂肪注入

クマ取り治療は、クマを改善する効果的な方法ですが、ダウンタイムやリスクもあります。
eクリニックでは、丁寧なカウンセリングを行い、安心して治療を受けていただくようにご提案させていただきます。

recommendation

クマ取り治療はこんな方におすすめ

  • 何をしても改善しないクマにお悩みの方
  • 加齢によって目の下のたるみが気になってきた人
  • 目の下のふくらみが気になる人

クマ取りは、目の下をすっきりさせ顔を若々しくみせる効果があります。
目の下の凹凸ができると、メイクでは簡単に隠せません。
クマ取りは、年齢と共に目の下のたるみや膨らみがきになってきた方や遺伝的な問題で目の下の膨らみがきになっている方におすすめの治療です。

特に、切らない方法である経結膜脱脂や裏ハムラ法は、ダウンタイムが短く、1週間程度で内出血はほぼ見られなくなりますので、スケジュールの調整が難しいという方も、安心してお受けいただくことができます。

eクリニックでは、目元の状況や生活スタイルなどを考慮して、しっかりとカウンセリングを行いますので、どうぞご安心ください。

Merit

各クマ取り手術のメリットや特徴

経結膜脱脂法

経結膜脱脂で眼窩脂肪を取りだしている図解
  • 目の下の脂肪を直接取り除くため、効果が高い
  • 傷跡が目立たない
  • ダウンタイムが短い

表ハムラ法

表ハムラの眼窩脂肪の移動の図解
  • 目の下のタルミの原因となっている余分な皮膚を除去できる
  • 目の下の脂肪を移動することで、目の下のふくらみと凹みを同時に改善できる
  • 中顔面のリフトアップにも対応ができる

裏ハムラ法

裏ハムラで眼窩脂肪を移動させている図解
  • 経結膜脱脂法と脂肪注入のメリットを兼ね備えている
  • 目の下の脂肪を移動することで、目の下のふくらみと凹みを同時に改善できる
  • 傷跡が目立たない

脂肪注入

目の下の脂肪注入の図解
  • 半永久的な効果が期待できる
  • 目の下のくぼみも改善できる
  • ヒアルロン酸注入よりも自然な仕上がりになる

ヒアルロン酸注入

目の下のヒアルロン酸の図解
  • 簡単で手軽
  • すぐに効果が出せる
  • ダウンタイムが短い

こめかみリフト

こめかみリフトの図解
  • 傷は髪の毛で隠れる
  • フェイスリフトに比べ切開範囲が短いのでダウンタイムが短い
  • ゴルゴラインにもアプローチできる
  • 目元のしわやタルミを引き上げられる

それぞれの方法にはメリットや特徴がありますので、お客様の目元の状況や理想的な仕上がりに応じて、適切な治療を選択していくことが重要です。

Point

eクリニックのクマ取りの特徴

選べるクマ取り治療のメニュー

eクリニックでは、お客様の目元の状態に合わせた、さまざまなクマ取りメニューをご用意しています。

  • 経結膜脱脂
  • 脂肪注入
  • ハムラ
  • 裏ハムラ
  • 皮膚切開
  • こめかみリフト

治療後に理想の仕上がりになるよう、丁寧なカウンセリングを行っております。
また、経験豊富で技術力の高い医師が、デザインから治療までを一貫して行いますので、お客様のご希望の仕上がりを実現することが可能です。
治療の効果だけではなく、ダウンタイムやデメリットもしっかりとご説明した上で、ご納得していただいてから治療をさせていただきますので、どうぞ安心してご相談ください。

豊富な症例

裏ハムラ法の2ヶ月後の症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

eクリニックは、豊富な経験を持つ医師が担当します。そして積極的にクマ取り治療を行っているためeクリニックグループ全体で症例が豊富です。
技術力が必要なクマ取り治療も、お客様のご希望通りの仕上がりになるよう、カウンセリングを重視し、適切かつ効果的に治療をご提供いたします。
また、eクリニックでは、最新の医療機器を使用し、独自の技術で腫れや炎症を抑える取り組みを実施しております。。
お客様のお体の負担を少しでも軽減できるように、最大限の配慮を行ないます。

アフターケアの充実

アフターケアで美容外科に来院しているお客様

eクリニックでは、治療後のお客様の不安や疑問を解消し、安心して経過を過ごせるよう、充実したアフターケアをご提供しています。
治療後の状態や不安を丁寧に伺い、効果や注意事項を分かりやすく説明する丁寧なカウンセリングも特徴です。
治療後に何かご不明点やご不安な点がございましたら、いつでもご連絡ください。
専門スタッフが迅速に対応させていただきます。

recommendation

クマ治療だけで改善しないたるみには「こめかみ脂肪注入」か「こめかみリフト」の併用も効果が期待できます

こめかみリフトのイメージ

クマ治療は目元のたるみの改善に有効的ですが、たるみの状態によっては改善しないことがあります。
そのような場合には、こめかみ脂肪注入かこめかみリフトを併用することで、たるみの改善が期待できます。

こめかみに脂肪注入をすることで、こめかみに膨らみをもたせ肌にハリが生まれるため、たるみの改善になります。
年齢を重ねるとこめかみが痩せて凹むためたるみの要因となりますが、この凹みに直接アプローチできるのが、こめかみへの脂肪注入です。
またこめかみの凹みは老けて見える原因となるため、こめかみにボリュームがあると若々しい顔になることも期待できます。

こめかみリフトは皮膚と皮膚の中にあるたるんだ筋肉を引き上げる治療法のため、目元のシワ、眉や目尻の垂れ下がり、頬(小鼻の付け根から頬の上部のあたり)のたるみが改善できます。

What

コンデンスファットとナノファットの違い

コンデンスファットとナノファットの違いの図解

脂肪注入は施術を受けられる方の脂肪を用いますが、採取した脂肪をそのまま注入するのではなく、医療機器にて注入に適した脂肪にするプロセスが必要となります。

脂肪注入にはコンデンスファットとナノファットがあり、コンデンスファットは吸引した脂肪から不純物を除去し、良質な脂肪を濃縮したものです。
ナノファットはコンデンスファットをさらに細かくして繊維を取り除き、クリームのような滑らかな液状にしたものです。

eクリニックのクマ治療にはナノファットが用いられ、滑らかに注入できるため「しこり」のリスクが少なく、定着率が高いメリットがあります。
またナノファットは幹細胞が豊富に含まれており、周りの細胞への良い働きが期待できます。
そのため、肌のハリをもたらすアンチエイジング治療には魅力的な施術となっております。

Tailor made

クマ取り+一人ひとりに合わせたオーダーメイドの施術

イークリニックのバナー

クマは第一印象を左右する重要な部分です。
クマには種類があり治療法も複数あるため、適切な診断に加えて専門医が対応できるクマ治療が豊富でないと理想の目元を手に入れることができません。
またクマは複数の要因が重なって出現していることがあり、クマだけでなく他のアプローチも必要となるケースが多くあります。

eクリニック 岡山院では世に存在してるクマ治療がすべて行えますので、ひとつの治療法にこだわらず施術を受けられる方へ最善の治療法が提案できます。
そしてクマ取りだけでなく、理想の目元が叶うようなオーダーメイド施術に長けています。
例を挙げますと「裏ハムラ法&目の上のたるみ取り(眉下切開)」「目の下のたるみとり+脂肪注入」など、一人ひとりに合わせた施術をしております。
eクリニックの医師は膨大な実績と高い技術力に誇りを持っており、理想の目元を手に入れるための適切な診断と執刀が可能です。

丁寧なカウンセリングから万全のアフターフォローも整えておりますので、安心して施術を受けられます。
クマに悩まれている方や目元が気になる方は、ぜひeクリニックにご相談ください。

Flow

クマ取りの治療の流れ

eクリニックのクマ取りの治療は、以下の流れで行われます。

1.カウンセリング

医師がお客様の目の状態やクマの種類を診察し、希望を伺いながら、最適な治療方法を提案します。

2.デザイン

治療部位にマーキングを行い、デザインを決めます。

3.麻酔・治療

局所麻酔を行います。
選択した治療方法に基づいて、クマ取りを行います。治療時間は、約30分から1時間です。

4.帰宅

問題なければ、当日帰宅することができます。

クマ取り治療のLINEバナー

人気のクマ取り治療のご予約はコチラから⇒

Price

料金表

目の下のたるみ取り
(非切開による脂肪除去)
キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)
目の下のたるみ取り
(脂肪除去+皮膚切除)
キャンペーン価格 ¥154,000(税込)
モニター価格 ¥109,780(税込)
目の下のたるみ取り
(皮膚切除のみ)
キャンペーン価格 ¥88,000(税込)
モニター価格 ¥76,780(税込)
目の下のたるみ取り
+目の下ゴルゴ脂肪注入オプション
キャンペーン価格 ¥209,000(税込)
モニター価格 ¥164,780(税込)
裏ハムラ法キャンペーン価格 ¥286,000(税込)
モニター価格 ¥219,780(税込)
裏ハムラ法 内固定オプションキャンペーン価格 ¥55,000(税込)
ハムラ法キャンペーン価格 ¥286,000(税込)
モニター価格 ¥219,780(税込)
涙袋形成キャンペーン価格 ¥286,000(税込)
モニター価格 ¥217,800(税込)

Related Column 関連コラム

Doctor このページの監修医について

龍山 侑季史院長

龍山 侑季史 Yukifumi Tatsuyama

e clinic 岡山院院長

経歴

略歴

  • 近畿大学医学部医学科卒業
  • 大阪医科薬科大学病院
  • 大手美容外科分院院院長
  • eクリニック岡山院院長

所属学会

  • 日本美容外科学会

無料カウンセリングのご予約はこちら