岡山でおすすめの二重整形は?医師が分かり易く解説

岡山で二重整形をした女性のイメージ

二重整形は自分の理想通りの二重になりたい方におすすめの美容整形です。埋没法や全切開など施術にはいくつか種類がありますが、「どの方法が自分に合っているのか分からない」「一番おすすめできる二重整形は結局どれ?」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。自分に合った術式の二重整形を受けることで、より美しい目元に近づけることができます。
今回は、岡山でおすすめの二重整形や術式の種類について詳しくまとめてみました。岡山周辺で二重整形を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

岡山院の埋没法の詳細

good quality

岡山で質の良い二重整形は受けられる?

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

岡山にお住まいで美容整形を検討している方の多くが、大阪や東京に出て美容外科を探すべきかどうか迷っていることと思います。たしかに都心に近い場所や大きい都市には美容外科も多く、技術のある医師ほど生き残る傾向にあるため、名医の母数が多いのは事実です。
しかし、岡山などの地方や地方都市にまったく名医がいないかというと、そんなことはありません。岡山にも二重整形の名医はいますが、美容整形の初心者がそれを見極めることは非常に難しいでしょう。美容外科としての知名度や施術料金の安さに惹かれて二重整形を受け、失敗したり後悔したりするお客様もたくさん見てきました。

医師や美容外科を選ぶコツは以下の通りです。

  • 二重整形の症例数や実績の豊富な医師を選ぶ
  • 症例写真が綺麗、かつ自分の理想に近いかどうかを見る
  • 美容外科のアフターフォローや保証制度を確認する
  • 自宅からアクセスしやすい美容外科を選ぶ

二重整形に限らず、美容整形において失敗やトラブルが起きる可能性は少なからず存在します。万が一のことを考えた医師選び・美容外科選びをおこなうことで、リスクを最小限に抑えることができるでしょう。特に、施術当日に麻酔が効いた状態でも帰ること、術後に何らかのトラブルが発生した際に再度受診することなどを考えると、自宅から通いやすい美容外科を選ぶべきだと言えます。
大阪や東京よりも岡山のほうが通いやすいなら、岡山で二重整形を得意とする美容外科を探すのが得策です。

埋没法のバナー

人気の埋没法のご予約はコチラから⇒

about

そもそも二重整形とは

埋没法のフォーエバークロス特殊5点の術後1週間の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
埋没法の手術後1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
自然癒着法と目頭切開と鼻尖形成と軟骨移植を同時に行った正面から見た1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
埋没法の1か月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

目の形や大きさは顔全体の印象を大きく変える重要なパーツです。特に、人と話すときに目を見て表情の変化や感情を読み取ると言われる日本人の場合、第一印象は目で決まると言っても過言ではありません。
そこで、近年の日本のトレンドである「ぱっちり二重」に近づけるのにおすすめの施術が二重整形です。一重がコンプレックスの方、より理想に近い二重幅を手に入れたい方、毎日のアイプチから解放されたい方などに選ばれています。
二重整形を習得している美容外科医は非常に多いですが、お客様一人一人の顔のパーツやバランス、皮膚の状態や筋肉のつき方を意識した「一番似合う二重」を作れる医師はそう多くありません。より美しい目元を目指すためには、単に二重のラインを作るだけではなく、まつげの生え際の見え方や目の開き具合まで計算しつくしたデザインを提案する必要があります。

二重埋没法

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

二重埋没法はまぶたを切開せず、医療用の糸と針を使って二重の折り目を形成する施術方法です。メスを使用しないことから「切らない二重整形」とも呼ばれ、施術時間やダウンタイム・費用の面において、より気軽に二重を叶えたいお客様から選ばれています。
埋没法の行程自体はシンプルです。美容外科医のほとんどが習得していると言われますが、だからこそ医師の技術・経験の差が顕著にあらわれやすい施術になります。埋没法に慣れていない医師が施術すると不自然な仕上がりになりやすく、逆に埋没法を得意とする医師に施術を担当してもらえればリスクは非常に低いです。
埋没法のメリットとしては、ナチュラルでバレにくい二重を目指せること、施術時間やダウンタイムが短いことなどが挙げられます。また、仮留めした糸をほどけばもとのまぶたに戻すことができるため、修正も容易です。美容整形初心者でも挑戦しやすい施術だと言えるでしょう。

二重全切開

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

二重全切開は、目頭側から目尻側にかけてをメスで切開し、縫合することによって二重ラインを形成する施術です。切開した傷跡は二重のラインと重なるようになっているため、目立つことはほとんどありません。しかし、皮膚のたるみや眼輪筋を切除する量、食い込みの強さなど、結果に影響する変数が埋没法に比べてかなり多くなります。トラブルや失敗のリスクも高いため、施術を担当する医師はより慎重に選ぶ必要があるでしょう。
しかし、技術と経験の豊富な医師に施術してもらうことができれば、全切開のメリットは非常に多いです。施術後の効果は半永久的であり、まぶたに厚みがある方でも問題なく二重にすることができます。またデザインの範囲も広く、末広型から平行型まで自由に選ぶおとが可能です。

recommendation

埋没法と全切開はどちらがおすすめ?

埋没法と全切開にはそれぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが良い悪いということはありません。ただし、「どちらがより自分に合っているか」は意識しておく必要があるでしょう。たとえば、トレンドの変化に合わせて二重のデザインを変えたい方が全切開を選択してしまうと、修正手術に対応できる医師を探すのは容易ではありません。また、蒙古ひだのハリが強かったりまぶたに厚みがあったりする場合、埋没法だけでは希望通りのデザインが叶えられないケースがあります。
どちらの方法が自分に合っているか判断できない方は、二重整形を多くこなしている医師のもとでカウンセリングを受けてみてください。医師のおおよその症例数や実績は、美容外科の公式ホームページや医師個人のSNS・ブログなどから確認できます。

Which?

部分切開と全切開はどちらがおすすめ?

埋没法と全切開法どちらがおすすめかについて説明している看護師

全切開と同じくメスで切開することによって二重を形成する施術方法に部分切開というものがあります。全切開と部分切開の違いは、切開する範囲です。全切開はまぶたの端から端まですべて切開するのに対し、部分切開では部分的にメスを入れて処理をおこないます。全切開に比べてメスを入れる範囲が狭いので、傷が少なくダウンタイムも短い点がメリットです。ただし、部分切開ではたるんだ皮膚の切除などはおこなわないため、まぶたに厚みがある方にはおすすめできません。
部分切開に適応する方は部分切開のほうがメリットが多く、適応しない方は全切開のほうがすっきりとした二重を目指せるでしょう。

clinic

eクリニック岡山院の二重整形

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

eクリニックでは、お客様一人一人のバランスを見ながら、ミリ単位での施術プラン・施術デザインを提案しております。骨格や表情筋の状態、まぶたの皮膚のたるみ具合、脂肪のつき方までしっかりと計算した上で、お客様にぴったり合った二重を見つけられるのが強みです。現在の目元の状態を問わず、どんな方でも理想的な目元を目指すことができます。
ここからは、当院の全切開と埋没法、それぞれについて見ていきましょう。

二重全切開のこだわり

岡山院では、カウンセリングでのデザインやシミュレーションにとにかく力を入れております。良くも悪くも、目元はわずか数ミリで印象を大きく変えてしまうパーツです。「ガラリと印象を変えたい」「気づかれない程度に変化させたい」といったご希望を細かく伺いながら、お客様がご自身で納得されるまで何度もシミュレーションさせていただきます。解消したいお悩みや具体的な希望デザインのある方もお気軽にご相談ください。
また、必要に応じて電気メスやRFナイフで止血しながら施術をおこなうことを心掛けているほか、eクリニック独自の圧迫方法によってお客様のまぶたに極力負担がかからないように工夫しております。術後の腫れが少なく、ダウンタイムを短くすることが可能です。

岡山院で受けられるおすすめの埋没法

eクリニック岡山院で特におすすめの埋没法は以下の通りです。

フォーエバークロス法

埋没法のフォーエバークロスの解説の図解

2本の糸をクロスした状態で埋没することで、極限まで二重を取りにくくした埋没法です。
留める点が多いためなめらかなカーブを描きやすく、デザインの幅が広いのが特徴。末広型や平行型まで自由に叶えることができます。

クイックループ法

埋没法のクイックループの解説の図解

糸の結び目をまぶたの裏側に埋めることで、術後の腫れを抑えた術式です。通常の埋没法よりもダウンタイムの期間が短くなるので、長期間の休みを確保できない方にも選ばれています。また、まぶたの表側に傷がつかないため、術後は当日からメイクをおこなうことが可能です。
使用する糸の本数によって「クイックループシングル法」と「クイックループダブル法」に分けられます。糸を2本使用するダブル法のほうが留める点が多いため、なめらかな仕上がりを目指せます。

特殊6点留め

埋没法の特殊6点留めの解説の図解

クイックループダブル法から、さらに留める点を増やすことで取れにくく改善された術式です。なるべく取れにくい、かつダウンタイムの短い施術を望む方におすすめになります。

自然癒着法

埋没法の自然癒着法のの解説の図解

韓国で注目を集めている新しい二重整形です。まぶたに微細な穴を開け、皮膚と上眼瞼挙筋(がんけんきょきん)の間に自然な癒着を促します。糸で仮留めをして作る二重と比較して、よりバレにくく自然な仕上がりを目指せる点が特徴です。また、万が一まぶたの中で糸が切れても二重を保つことができるとされています。


summary

岡山で二重整形を受けるならeクリニック岡山院

今回は、岡山でおすすめの二重整形について術式の種類も含めてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。二重整形には主に二重埋没法と二重全切開の2種類があり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。リスクの低さや効果の持続期間など、自分が何を優先するかによって施術方法を選ぶようにしましょう。
eクリニック岡山院は、麻酔科の専門医や指導医、元大手美容クリニックの院長などのベテラン医師のみで構成された美容外科です。たしかな技術と専門知識に基づき、お客様にとって本当に必要な施術だけを見極めてご提案することを心掛けています。お客様の満足度を何よりも最優先に考え、高品質かつ低価格で納得のいく二重整形をお約束いたしますので、岡山で二重整形を検討している方はぜひ一度当院の無料カウンセリングを受けてみてください。

人気の二重整形のご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム