岡山で埋没法を受けるのに、おすすめの美容外科の選び方

岡山県で埋没法をした20代の女性のイメージ
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

少ない施術時間で気軽にできることから、年齢・世代を問わず多くの方に選ばれている二重埋没法。
中国地方や四国にお住まいの方は、「岡山でも質の良い埋没法の施術は受けられるの?」「大阪や東京で美容外科を探すべき?」といった疑問を抱えているのではないでしょうか。
たしかに、都心や大きな都市には美容外科が多く、名医も多く在籍しています。しかし、術後の経過やトラブルが発生したときのことを考えると、自宅から通いやすい場所にある美容外科を選ぶのが正解です。
今回は、岡山で埋没法の美容外科を選ぶポイントや、埋没法と組み合わせるのにおすすめの施術などをご紹介します。興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

岡山院の埋没法の詳細

abuto

埋没法とは

埋没法のフォーエバークロス特殊5点の術後1週間の症例
【リスク・副作用】むくみ・内出血・患部の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

埋没法は二重整形のひとつです。メスを使って二重を形成する二重全切開に対して、医療用の針と糸を使ってまぶたの筋肉と皮膚を縫い合わせることで二重を作ります。その特徴から「切らない二重整形」とも呼ばれ、世代や性別を問わず多くの方に選ばれている施術です。

メリット

埋没法は、ダウンタイム期間や施術時間が短く日帰りで済む上、まぶたに切開の傷が残らない点がメリットです。また、全切開と比較して施術料金が安く、費用を抑えられるという魅力もあります。
また、修正手術や再施術が容易な点もメリットであると言えるでしょう。先ほども軽く述べましたが、埋没法は医療用の針と糸でまぶたの内側から筋肉と皮膚を縫い合わせて仮留めをおこない、「生まれつき二重の人の目元」を再現している状態です。そのため、糸さえ解けば簡単にもとのまぶたに戻すことができます。
全切開は「半永久的な効果を望む方」におすすめの施術ですが、逆に言えば埋没法は「半永久的な効果を望まない方」、つまり流行に合わせて二重のデザインを変えたい方などにおすすめです。

デメリット

埋没法の効果は半永久的ではありません。選択する術式によっても効果の持続期間は異なりますが、施術を担当する医師の腕が悪かったり術後の過ごし方が適切でなかったりした場合、事前に想定していた期間よりも早く後戻りをしてしまう可能性があります。特に糸が安定するまでの期間は糸が緩んだり外れたりしやすいため、しっかりと注意事項を守って過ごすようにしましょう。
また、まぶたに脂肪が多く厚みがあったり、たるみが大きすぎたりする場合、埋没法だけでは理想通りの二重を実現できないこともあります。医師の話に耳を傾け、必要であれば別の施術の併用も検討してみましょう。美容外科によっては全切開を勧められることもあるかもしれません。

point

岡山で埋没法を受ける際のポイント

岡山で埋没法を受ける際のポイントについて説明する看護師

二重埋没法に限らず、美容整形で失敗しないためにもっとも重要なのが医師選び・美容外科選びです。ここからは、岡山で埋没法の施術を受けようと考えている方に向けて、抑えておきたいポイントを5つご紹介します。

1.自宅から通いやすい距離にある美容外科を選ぶ

岡山は美容外科の激戦区である大阪と比較的近い距離にあります。そのため、「せっかくなら」と大阪まで行って美容整形を受ける方も多い印象です。どちらで受けるべきか迷ったら、まずは自宅から通いやすいかどうかを優先して選びましょう。
目元の整形をおこなう場合、施術当日はコンタクトレンズを外さなければなりません。局所麻酔とは言え麻酔をしているため、自宅から安全に帰宅することが難しい場合もあります。埋没法は比較的リスクが少ないと言われる美容整形ですが、万が一トラブルが発生したら速やかに美容外科を受診する必要もあるでしょう。
以上のことから、美容外科を選ぶ際には自宅からアクセスしやすいかどうか優先すべきです。

2.埋没法の症例実績が豊富な医師を選ぶ

埋没法のフォーエバークロス特殊5点の術後1週間の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
埋没法の手術後1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
自然癒着法と目頭切開と鼻尖形成と軟骨移植を同時に行った正面から見た1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
埋没法の1か月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

美容整形において、実際に施術をおこなうのは医師です。そのため、美容外科の知名度や施術料金の安さだけで選ぶのではなく、きちんと医師の実績や症例数について確認しておきましょう。
二重埋没法は美容外科医であれば最初に習得すると言われるほど基本的な施術ですが、それだけに非常に奥が深く、担当する医師によって仕上がりのクオリティが大きく異なります。目元はわずか数ミリの差で顔全体の印象を左右する重要なパーツです。
症例数の多い医師であれば、お客様一人一人の希望するイメージやまぶたの状態、目の形に合わせて最適な施術をしてもらえる確率が上がります。美容外科のホームページから医師のプロフィールを見ることができるため、事前に調べておきましょう。
美容外科医は複数の得意な施術を持っていますので、そこに埋没法や目元の整形が含まれているか確かめてみてください。

3.症例写真が綺麗かつ理想に近いかどうか確かめる

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

医師を選ぶ際には症例写真を見ておきましょう。「自分の理想とする変化・デザインに近いかどうか」に加えて、術直後のまぶたの状態を確認することも大切です。
埋没法ではメスを使用しないため、術後の内出血が少ないと言われていますが、実際には医師の腕によってさまざまです。技術の高い医師なら組織に負担をかけずに必要最低限の動作で施術を進めます。そのため、術直後の内出血が極めて少ないのが特徴です。特に瞼の裏から糸を通す裏留めの場合、内出血や腫れが少ないです。
症例写真・症例動画からは多くの情報を得ることができるので、確認しておいて損はありません。

4.アフターフォローの充実度や保証制度についてチェックする

美容外科選びでは、アフターフォローの充実度を確認することも重要です。美容外科によってはほとんどアフターフォローをおこなっていない場合もありますが、美容整形は術後にトラブルが発生するリスクも多いです。
アフターフォローが万全な美容外科であれば、万が一施術中や施術後に何らかのトラブルが起きたとしても、美容外科側で対応してもらえます。アフターフォローの内容(追加料金の有無・対象となる期間)などは確認しておきましょう。
「どんなにリスクの低い施術でも100%はない」ということを念頭に置き、万が一に備えてできる限りの対策はしておきましょう。保証制度がある美容外科がお勧めです。

5.施術料金が適正価格であるか確認する

美容外科の設定する料金が妥当なものであるかもチェックする必要があります。
埋没法は切開法に比べて安く受けられることがほとんどですが、相場価格より極端に安すぎたり高すぎたりする場合には注意が必要です。特に、施術料金の安さだけで決めてしまって後悔している方は少なくありません。

埋没法のバナー

人気の埋没法のご予約はコチラから⇒

recommendation

埋没法と組み合わせたいおすすめの施術

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

お客様のもとのまぶたの状態によっては、ほかの施術との併用を勧められるケースもあります。埋没法とほかの施術を組み合わせることで、より理想的な目元に近づけることも可能です。
ここからは、埋没法と併用することでより効果を発揮できるおすすめの施術をご紹介します。

目頭切開

目頭切開は、その名の通り目頭をメスで切開して離れ目を解消したり、目を大きく見せたりする施術になります。目頭の傷跡はほとんど目立ちません。施術自体にかかる時間も短く気軽におこなえるため、世代を問わず人気の高い施術です。
埋没法と組み合わせる場合には、微小な目頭切開をおこなうことで、目元をより美しく際立たせることができます。

理想的な平行二重に

目頭にある蒙古ひだのハリが強い場合、埋没法の施術だけでは平行型の二重を実現できないことがあります。目頭切開によって蒙古ひだをなくす、少なくすることで、綺麗な平行型の二重を作ることが可能です。「目頭切開をすると目頭が鋭く尖ってきつい印象になるのでは?」と心配される方もいらっしゃいますが、当院では尖りすぎない自然な目頭を形成することができます。

離れ目や斜視の改善

目頭切開によって離れ目や斜視を解消し、より魅力的な目元を実現することも可能です。もちろん「蒙古ひだはなくしたいけど目と目の距離は近づけたくない」という方も、切開する量を調節して理想的な目元を叶えます。
また、横方向だけでなく、斜め上に向かって目頭を広げることも可能です。具体的なイメージのない方も、シミュレーションを繰り返して理想のデザインを見つけていきましょう。

眉下切開

まぶたに厚みがある場合、埋没法をおこなっても不自然な二重になってしまう可能性があります。そのようなケースでは眉下切開を併用することで、余分な皮膚を取り除き軽いまぶたにすることが可能です。
眉下切開においては、いかに傷跡を残さないか、またお客様の目元に合った最適なデザインができるかが重要なポイントになってきます。
傷跡に関しては体質にもよりますが、当院では眉毛の目立たない位置で丁寧に縫合をおこなうため、ノーメイクでもほとんど目立つことはありません。

クマ取り

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

クマが酷いと、眠そうに見えたり疲れて見えたり、それだけでマイナスな印象を与えてしまいかねません。二重埋没法と同時にクマを除去することで、目元の印象を明るく若々しく変化させることが可能です。特に30代以降の方で目の下のたるみを気にされている方であれば、下まぶたのたるみ感が軽減して目元全体の印象がガラッと変わります。
クマ取りにもメスを使う治療や使わない治療までさまざまな術式がありますが、eクリニック岡山院なら世に存在するクマ治療をすべておこなうことが可能です。特定の術式に固執することなく、お客様の目元に合った最適な施術をおこなうため、納得していただけるかと思います。

summary

岡山で埋没法を受けるならeクリニック岡山院

今回は、岡山で埋没法を受けるのにおすすめの美容外科について詳しく解説しました。
eクリニック岡山院では、丁寧なカウンセリングときめ細やかなアフターフォローにより、お客様に納得していただけるように努めております。二重埋没法の実績豊富な医師が在籍しているため、術後のダウンタイムをできる限り抑えた施術が可能です。岡山で埋没法を検討している方は、ぜひ一度当院へお越しください。

埋没法のバナー

人気の埋没法のご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム