岡山県で埋没法の名医の探し方を解説

岡山で埋没法をした20代の女性のイメージ
埋没法の手術前と直後の症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

目元の切開をせず、針と糸を使って癒着させることで二重ラインを形成していくことから、「切らない二重整形」とも呼ばれる二重埋没法。比較的ローリスクで施術を受けられるため、美容整形に初めて挑戦する方からも選ばれやすい施術です。
手順自体はシンプルなのでほとんどの美容外科医が施術をおこなうことができますが、実は非常に奥が深い美容整形で、担当する医師の技術・経験によって仕上がりが大きく異なります。技術不足・経験不足の医師を選んでしまった場合、失敗するリスクや仕上がりに満足できない可能性が高くなってしまうのです。
そこで今回は、岡山で埋没法の名医を見つける方法についてまとめてみました。埋没法が上手い名医の特徴や、医師選びで陥りがちな失敗についても解説しておりますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

岡山院の埋没法の詳細

What’s?

岡山にも埋没法の名医はいる?

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

岡山をはじめとする中国地方に住んでいる方の多くが、「岡山で美容整形を受けるか、大阪まで行って美容整形を受けるか」とお悩みのことと思います。
日本の美容外科は、東京や大阪、横浜、名古屋などに集まっているのが現状です。このような激戦区は近隣の美容外科に対する競争心が高く、在籍する医師たちが常に上を目指すことで技術がどんどん磨かれていきます。そのため、全体的に見て東京や大阪のような大きい都市に名医が多いのは事実です。
しかし、地方に名医がまったく存在しないというわけではありません。実際には岡山にも技術・経験ともに豊富な医師は存在しますが、美容整形初心者のお客様にとってそれを見極めるのは決して簡単なことではないでしょう。
しかし逆に言えば、名医を見極めることさえできるなら、自宅から通いやすい岡山で美容整形を受けたほうが多くのメリットを得ることができます。

この症例はeクリニック岡山院で行った埋没法の手術直後の症例動画です。このように当院ではなるべく腫れないように埋没法を行うことが可能です。埋没法はデザインが全てです。
当院ではお客様の希望の二重をなるべく叶えるため、一切の妥協はありません。時間をかけて、丁寧に、納得いくまでデザインをさせていただきます。デザインは医師の経験値とセンスで決まります。当院では末広型や平行型、MIX型などご希望に合わせて二重のラインを形成することが可能です。

good doctor

名医は口コミだけで見極められる?

美容整形をおこなう際に、まず参考にするもののひとつがSNSや口コミサイトではないでしょうか。これらは、実際に施術を受けた方のレビューや体験談を通してリアルな情報を知ることのできる貴重なツールです。


しかし、二重埋没法に限らず、医師の技術を口コミだけで見極めるのは極めて難しいと言えるでしょう。施術の痛みやダウンタイムの症状など、まったく同じものでも個人によって感じ方は違うものです。数ある情報のなかから信憑性の高い情報を選びとるのは非常に困難です。口コミやレビューだけを判断材料にして医師を選んでしまった場合、仕上がりに満足できないケースもあるでしょう。
口コミ・レビューを参考にする際には、複数のサイトを見るようにすると良いでしょう。また、ひとつの優良な口コミがあるからと言って、それだけを決め手にして医師を選ぶのは避けましょう。

failure

埋没法の医師選びで陥りがちな失敗

埋没法の医師選びで陥りがちな失敗を説明する看護師

先に紹介した「口コミ・レビューだけを参考にして医師を選んでしまったケース」以外にも、美容整形の初心者が重視しがちな情報がいくつかあります。たとえば、「美容外科の知名度」や「施術料金の安さ」などです。このような情報も重要な判断材料であることに違いはありませんが、そこだけを決め手にしてしまうと失敗してしまう可能性があります。
ここからは、埋没法の医師選びで陥りがちな失敗について見ていきましょう。

美容外科の知名度だけで選んでしまった

誰でも一度は名前を聞いたことのある業界大手の美容外科は、「知名度があるから失敗やトラブルも少ない」と思われがちです。たしかに知名度があればお客様の数も多く、在籍する医師の症例数も多い傾向にあります。
しかし、あまりにも1日あたりに施術をするお客様の数が多すぎる場合、カウンセリングの対応がおざなりになってしまったり、施術時間を充分に確保できなかったりするケースも少なくありません。また、大きい美容外科であればあるほど複数の医師が在籍しているため、医師によって技術力に差が生じてしまうこともあるでしょう。
対策としては、美容外科の実績だけでなく担当する医師個人の実績についてもリサーチすること、実際にカウンセリングを受けてみることなどが有効です。

施術料金の安さだけで決めてしまった

美容整形は自由診療です。そのため、施術料金は美容外科側で自由に料金を設定することができます。あまりにも施術料金を安く設定してしまうと経営が成り立たなくなり、逆に高すぎるとお客様を呼び込めなくなってしまうため、「適正価格」や「相場」というものを考慮した上で施術料金を設定している美容外科がほとんどです。
そのため、相場よりも極端に安い料金を打ち出している場合は、何か理由があると考えた方が良いでしょう。

埋没法のバナー

人気の埋没法のご予約はコチラから⇒

Features

二重埋没法における名医の特徴

埋没法の1か月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

二重埋没法の「名医」とは、具体的にどういう特徴を持った医師のことを指すのでしょうか。ここからは、二重埋没法におこる名医の特徴をご紹介します。

似合う二重ラインを提案してくれる

お客様一人一人の骨格や皮膚の厚みによって、似合う二重のラインは異なります。たとえ理想とする二重幅があっても、お客様自身の顔の造形やバランスに合っていなければ美しい仕上がりにはなりません。
埋没法の名医は、理想となる二重幅のイメージを重視しつつ、お客様に「似合う」二重のラインをデザイン・シミュレーションしてくれます。

埋没法の修正手術ができる

【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

この症例の方は他院で3回埋没法をされた方です。自然癒着法の埋没法と、まぶたの脂肪取りと、他院で行った埋没法の糸を抜糸した術直後の症例動画です。

まぶたの腫れぼったい原因の一つとなる眼窩脂肪も同時に取り除いています。術後はすっきりとした目元になっています。



埋没法の自然癒着法のの解説の図解

自然癒着法はデザイン性の高さと持続力の2点を兼ね備えた韓国式編み込み式の埋没法です。好みのデザインにもしたいし、持ちも良くしたいなら自然癒着法がお勧めです。ただ、自然癒着法は糸のかけた方が特殊なので、まだ岡山県で行っている美容外科はそれほど多くないです。

最低限の動きで施術を終える

二重埋没法の施術は、局所麻酔を打った後にまぶたをひっくり返しながら針を通していくという至ってシンプルな手順でおこなわれます。しかし、施術中に手間取ってしまうと組織に余計なダメージが加わり、ダウンタイムが長引く可能性が高いです。
ダウンタイムの症状を抑えて美しい仕上がりを目指すためには、丁寧かつ必要最低限の時間で施術を終えなければなりません。

様々な術式に対応できる

埋没法の2点留めの解説の図解
埋没法の3点留めの解説の図解
埋没法の4点留めの解説の図解
埋没法のフォーエバークロスの解説の図解
埋没法のクイックループの解説の図解
埋没法のクイックループダブルの解説の図解
埋没法の自然癒着法のの解説の図解
埋没法の特殊6点留めの解説の図解

埋没法は瞼板法や挙筋法という方法がありますが、そのほかにも糸のかけ方によって様々な術式があります。埋没法はシンプルだからこそ奥が深いため、名医であるならば様々な術式に対応することが可能です。eクリニック岡山院ではこのように多くの埋没法のメニューを取り揃えています。お客様の目元の状態やなりたい二重のラインに合わせて埋没法のメニューを使い分けています。

カウンセリングでの対応が丁寧

美容整形において満足のいく仕上がりを目指すためには、医師とお客様の間できちんとコミュニケーションを取ることが重要です。カウンセリングの時間は施術を担当する医師と直接会話ができる数少ないチャンスなので、あらかじめ質問事項をまとめておくと良いでしょう。また、理想の二重幅がある場合には写真などを用意しておくとスムーズです。
カウンセリングを早く切り上げようとしたり目元に触れる力が強かったりなど、少しでも嫌な印象を持ってしまった場合には、その医師に施術を任せるのはやめておきましょう。信頼できる医師のもとで施術を受ければ、施術中や前後のストレスも最小限に抑えることができます。

point

埋没法の名医を見つけるためのポイント

埋没法のフォーエバークロス特殊5点の手術直後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

続いて、埋没法の名医を探す際に重視するべきポイントについて見ていきましょう。

二重整形の症例数が豊富

埋没法のフォーエバークロス特殊5点の術後1週間の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
埋没法の手術後1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
自然癒着法と目頭切開と鼻尖形成と軟骨移植を同時に行った正面から見た1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
埋没法の1か月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

これらの症例はeクリニック岡山院で行った埋没法の症例写真と症例動画です。施術の上手い医師に施術を任せたいなら、まずは担当する医師の実績を確認するようにしてください。埋没法だけでなく、二重整形全般を得意とする医師を選ぶことで、より自分のまぶたや顔のバランスに合った施術を受けられます。
また、美容外科医としての経歴が長い医師は、技術力・デザイン力ともに高い傾向にあります。さまざまな症例を経験しているため、万が一施術中にトラブルが起きても冷静に対処してくれるでしょう。痛みやダウンタイムを少なくする施術も期待できます。

症例写真の変化が自分の好みに近い

どんなに経験と技術のある医師でも、必ずしも自分の理想とするデザインの二重を形成してくれるとは限りません。
事前に症例写真をチェックし、自分の理想に近い変化の症例写真があるかどうか確認しておきましょう。美的センスの近い医師に施術を任せると、施術後の満足度も高くなりやすいです。

summary

岡山で埋没法を受けるならeクリニック

今回は、岡山で埋没法の名医を見つける方法について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。東京や大阪と比べると数は少ないものの、岡山にも埋没法の上手い名医は存在します。
国内最高水準の技術力を誇るeクリニックの埋没法では、「取れない」「腫れない」、かつ自然で美しい仕上がりを実現しています。できる限りデザインを妥協せず、お客様のご希望に沿いながら、「似合う二重のライン」をご提案させていただきます。
岡山県で目元に関するお悩みを抱えている方は、ぜひ一度eクリニック岡山院のカウンセリングを受けてみてください。

埋没法のバナー

人気の埋没法のご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム