岡山で二重整形の名医を見つける方法を解説!

岡山県で二重整形をした女性のイメージ

中国地方に住んでいる方の多くが、「美容整形を岡山で受けるか、大阪で受けるか」というところで悩まれているかと思います。「都会に出た方が名医がたくさんいるのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、迷ったときには自宅から通いやすい距離にある方を選ぶのがおすすめです。
たしかに東京・大阪などの都市部は美容クリニックの激戦区であり、技術のないクリニックは淘汰されやすいため、医師同士が互いに上を目指し切磋琢磨している事実はあります。しかし、だからといって地方に名医がいないということにはなりません。名医を見極める方法さえ知っていれば、岡山でも名医と出会うことは可能なのです。
今回は、岡山で二重整形の名医を見つける方法について詳しく解説いたします。中部地方にお住まいの方で二重整形を受けようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

岡山院の二重整形の詳細

Features

二重整形における名医の特徴

二重整形の名医とは、具体的にどのような特徴を持った医師を指すのでしょうか。ここからは、二重整形における名医の特徴について見ていきます。

埋没法のバナー

人気の埋没法のご予約はコチラから⇒

1.二重整形の症例数が豊富

【リスク・副作用】むくみ・内出血・患部の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

まず大前提として、二重整形の症例数が豊富であることが挙げられます。二重整形は美容整形のなかでも人気が高く非常にポピュラーな施術なので、たいていの美容外科医は施術をおこなった経験があります。特に埋没法は、美容外科医が最初に習得するとも言われる入門的な施術です。
しかし、やはり普段から二重整形を頻繁におこなっている医師と、その他の美容整形に力を入れている医師とでは、仕上がりに大きな差が生じます。
数多くの美容整形があるなかで、特に二重整形及び目元の整形を得意している医師は、技術の高さ・トラブルへの対応力・デザイン力などすべてにおいて期待できます。さまざまな症例を経験しているため、ダウンタイムや痛みを抑える方法についても熟知しているでしょう。

2.手術中にリラックスさせてくれる

「二重整形が初めての美容整形」という方は非常に多いです。そうでなくても目元の施術は緊張される患者様が多く、無意識に力が入って身体や顔がこわばってしまうことがよくあります。
埋没法でも切開法でも施術のはじめに局所麻酔をするので、麻酔がしっかり効けばそれ以降は痛みがありません。しかし、全身麻酔とは違って意識がある状態で針やメスを使うため、やはり本能的に「怖い」と感じる方が多いかと思います。
医師としては、患者様に力が入っていると施術しにくいため、いかに患者様をリラックスさせるかが重要です。信頼できる医師のもとで、リラックスした状態で施術を受けるのが望ましいと言えるでしょう。

3.最低限の動きで施術を終える

一つ一つの動きに手間取って余計な時間がかかるような施術は美しくありません。たとえば、埋没法ではまぶたをひっくり返して針や糸を通します。ここで失敗して何度もまぶたをひっくり返したり、何度も針を刺し直したりしてしまうと、目元の組織に加わるダメージが増えて腫れや内出血が出やすくなります。美しい仕上がりや少ないダウンタイムを目指すためには、必要最低限の時間で丁寧に施術を終えることが重要です。
また、麻酔がしっかりと効けば血管が収縮するため、埋没法の針が血管に触れるリスクも低くなります。埋没法の技術が高い医師の症例は、術直後の内出血が極めて少ないです。ただ、医師が適切に手術をしたとしても、お客様の体質や体調により内出血の出方は異なってきますので注意が必要です。埋没法で内出血が気になる場合は、クイックループ法などの裏留めがお勧めです。

4.自分の好みに近い症例写真がある

どんなに経験や実績が豊富な医師でも、患者様との美的センスが合わなければ仕上がりに満足してもらえる確率は下がります。そのため、症例写真は必ずチェックしておくようにしましょう。自分の好みに近い変化の症例がいくつかある医師を選べば、少なくともデザイン面で失敗する可能性は低くなります。

5.バランスを見てデザインを提案してくれる

【リスク・副作用】むくみ・内出血・患部の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

二重整形は、単に二重幅を作ったり広げたりすれば良いというものではありません。もともとの顔の骨格や表情筋の状態、皮膚の厚みなどによって似合う二重幅は異なります。
一方で、「自然でバレにくい二重が良い」、「くっきりとした印象的な目元にしたい」といったお客様の希望も軽視できません。理想とする二重幅がそのまま似合うとは限らないため、医師は双方の間で上手く落としどころを見つけて最終的なデザインを決定していきます。
二重整形が得意な医師は、お客様の理想からかけ離れない範囲で「似合う」二重を提案することが可能です。カウンセリングの際に、いくつかのパターンをシミュレーションをして似合う二重を模索してくれる医師は信頼できるかもしれません。

6.カウンセリングの対応が丁寧

美容整形では、医師と患者様との間でのコミニュケーションがもっとも重要になります。理想とするイメージの共有が正しくおこなわれていれば、術後の仕上がりに満足できる可能性も高いです。
二重整形の名医は、自分の悩みや改善したい部分、質問などを投げ掛けやすい雰囲気を作るのも上手いです。カウンセリングの対応が丁寧で、親身になってくれる医師を選ぶようにしましょう。
逆に、カウンセリングでの態度が威圧的であったり、早めに切り上げようとしたりといった場合には、その医師のもとで施術を受けるのはやめておくのが無難です。「この医師に施術をしてほしい」と心から思える医師に施術を任せることで、施術中の安心感にも繋がります。

埋没法のバナー

人気の埋没法のご予約はコチラから⇒

point

岡山で二重整形の名医を見つけるポイント

岡山で二重整形の名医を見つけるポイントを説明する看護師

ここまで名医の特徴についてご紹介しましたが、「施術中の対応や技術などは実際に施術を受けるまでは分からない」と思われる方もいらっしゃることでしょう。ここからは、施術を受ける前に名医を見極めるためのポイントについて解説します。

美容外科医としての実績や専門性を見る

美容整形をはじめて受ける方ほど、クリニックの知名度や施術料金の安さを決め手にしてしまう傾向が高いです。クリニックそのものの実績やサービス内容ももちろん大切ですが、まずは担当する医師の実績・専門性を見るようにしましょう。クリニックに知名度があるからといって、そのクリニックに在籍するすべての医師に技術があるとは限りません。ネットやSNSなどを活用して、医師個人の症例数・経歴・口コミ評判など満遍なくリサーチしてください。

症例写真・動画を注意して見ておく

埋没法のフォーエバークロス特殊5点の術後1週間の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
埋没法の手術後1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
自然癒着法と目頭切開と鼻尖形成と軟骨移植を同時に行った正面から見た1ヶ月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
埋没法の1か月後の症例
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

症例写真は「自分好みの変化であるか」という観点で見るのが良いと述べましたが、その他にも注意して見ておきたい部分がいくつかあります。特に目を閉じた状態の症例写真です。目を閉じたときと開けたときの状態だけでなく、開閉時の動きの自然さなどを見たいのであれば症例動画が役立つでしょう。
埋没法の場合、クイックループ法などの糸の結び目が瞼の裏側にくる裏留めなどは瞼の表側に内出血が基本的に来ないので、ダウンタイムを気にするお客様にお勧めの手術方法です。

ABOUT

そもそも二重整形とは

はっきりとした二重幅が現在の日本のトレンドなので、二重整形は世代や性別を問わず人気の高い施術となっています。
目は顔の印象を大きく左右する非常に重要なパーツです。そのため、二重整形は目の開き具合やまつげの見え方まで考えた上で自然なデザインを提案しなければなりません。ただ単に二重幅を形成するだけであればどんな医師にもできますが、一人一人の顔立ちやバランス、骨格・表情筋・皮膚の厚みやたるみ具合を意識した「似合う」二重を作るには高い技術が必要です。

二重埋没法

岡山院の二重埋没法の症例写真
【リスク・副作用】腫れ、内出血、むくみ、傷跡、痛み。※これらの症状がなるべく出ないように配慮して手術を行います。

二重埋没法は医療用の針と糸を用いて二重のラインを形成する施術です。切開せずに二重が作れることから「切らない二重整形」と呼ばれ、二重整形を望む多くのお客様に選ばれています。
二重埋没法は美容外科医が最初に習得すると言われるほどとっつきやすい施術ですが、だからこそ医師の技術や経験の差によって仕上がりが大きく異なります。二重整形を極めた医師に施術をしてもらうことができれば、比較的ローリスクで失敗の少ない施術です。
メリットとしては、自然でバレにくい二重が叶う、修正やもとの状態に戻すことが容易などが挙げられます。初めて美容整形をおこなう方にとっては最適な施術だと言えるでしょう。

二重全切開

たるみ取り併用全切開の症例写真
【リスク・副作用】むくみ・内出血・患部の熱感などを生じることがあります。リスク副作用に配慮して丁寧に手術を行います。

二重全切開は二重整形の術式のひとつです。目頭から目尻にかけてをメスで切開・縫合することによって二重のラインを形成します。切開した傷跡は二重のラインに重なるため目立つことはありませんが、埋没法に比べて失敗したりトラブルが起きたりした際のリスクが高いため、施術を任せる医師はより慎重に選ばなければなりません。
しかし、腕のいい医師に施術を担当してもらえば、非常にメリットの多い施術になります。埋没法とは異なり、施術後の効果は半永久的です。
また、二重全切開では余分な脂肪やたるんだ皮膚、眼輪筋などを除去しながら施術をおこなうことができます。そのためデザインの自由度が高く、自然な二重からぱっちりとした大きな二重幅まで自由に形成することが可能です。

summary

二重整形ならeクリニック岡山院

今回は、岡山で二重整形の名医を見つける方法について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。岡山などの地方は都会と比べると名医の数が少ない傾向にありますが、今回ご紹介した方法を参考にすれば、二重整形の上手い医師を見つけることができると思います。
eクリニックは、グループ全体として二重整形をはじめとする目元の施術を得意としています。岡中国地方や関西地方にお住まいの方で、目元のお悩みを抱えている方は、ぜひ一度当院の無料カウンセリングを受けてみてください。

人気の二重整形のご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム